キー溝シャフト

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キーは、軸と相手部品との間にそれぞれ溝をつくり、そこにはめ込むことでトルクを伝えるもので歯車やプーリーなどを取り付ける際によく使われます。
キーは主に6種類あり,下記させて頂きました。

 

形状 記号
平行キー ねじ用穴なし P
ねじ用穴あり PS
こう配キー 頭なし T
頭付き TG
半月キー 丸底 WA
平底 WB

平行キー

平行キーはよく使用されるキーでねじ用穴があるものとないものがあります。
あるものは軸上をボスが移動する用途に使われます。

こう配キー

こう配キーは1/100のこう配がついており、ハブと軸をしっかり結合する場合に使用されます。
こう配キーを打ち込む為の頭がついたものとないものがあります。

半月キー

半月キーは半月形状をしたキーで、軸に半月状のキー溝を削り、そこに入れて使用します。
テーパー軸などに使用されます。

よく使用あれる平行キーのキー溝寸法の一部を下記させて頂きましたので、ご参照ください。

キー溝の製作方法について

軸のキー溝についてはエンドミルや溝フライスを用いて、切削加工をするパターンが多く
軸穴についてはブローチやスロッター加工で製作します。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブローチ加工

キー溝の寸法詳細

キー溝の寸法詳細

キーの
呼び寸法
b×h
キー溝の寸法(普通形)
b1 b2  t1の
基準
寸法
 t2の
基準
寸法
  t1および
t2の
許容差
 適応する
軸径
d
基準
寸法
許容差  基準
寸法
許容差
 2×2 2 -0.004
-0.029
2 ±0.0125 1.2 1.0 +0.1
0
6~8
 3×3 3 3  1.8  1.4 8~10
 4×4 4  0
-0.030
4 ±0.015  2.5  1.8 10~12
 5×5 5 5  3.0  2.3 12~17
 6×6 6 6  3.5  2.8 17~22
 8×7 8 0
-0.036
 8 ±0.018  4.0  3.3 +0.2
0
22~30
 10×8 10  10  5.0  3.3  30~38
 12×8 12 0
-0.043
 12 ±0.0215  5.0  3.3  38~44
 14×9 14  14  5.5  3.8  44~50
 16×10 16  16  6.0  4.3  50~58
 18×11 18  18  7.0  4.4  58~65
 20×12 20 0
-0.062
 20 ±0.026  7.5  4.9  65~75
 22×14 22  22  9.0  5.4  75~85
25×14 25  25  9.0  5.4  85~95
 28×16 28  28  10.0  6.4  95~110

 

私たちの強み

当社は特殊ねじ・シャフトを中心に機械部品のオーダーメイド品を製作、販売している会社です。
ものづくりの町 東大阪には100社以上の協力会社様とお付き合いさせて頂いており、
ベトナムにも同様のネットワークがございます。国内外の生産拠点で最適なコーディネイトと小回り
の利いた対応でお客様だけの特注シャフトを1本から提供させて頂きます。
 

東大阪ネットワーク

シャフトに関することなら、お気軽にお問合せください。

このページの先頭へ戻る