製図のポイント

軸の設計のポイントを下記します。

  • 1,  基準線から寸法を記入します。(端からではなく、大事な寸法をまずいれます)
  • 2, 全長寸法を必ずいれます。
  • 3, キー溝、止め輪溝、軸受け用の座金溝などの情報を記入します。(規格表より)
  • 4, 段付き軸の場合、応力集中を防ぐため、Rをつけます。(R寸法は出来るだけ、そろえるとコストダスンになります。)
  • 5, 研磨仕上げをする場合はすみの部分が研磨がしにくい為、逃げ溝を設けます。
  • 6,寸法公差はコストに直結する為、可能であればゆるいものを選択する。

 

製図のポイントS

シャフトに関することなら、お気軽にお問合せください。
  • 私たちの強み
  • ベトナム調達
  • シャフトに関する規格表
  • 製図のポイント
  • よくあるご質問
  • 依頼の流れ

お問合せ

株式会社サンエイ
TEL:072-959-2272

〒583-0881
大阪府羽曳野市島泉3-4-17
FAX:072-959-2212
Mail:shaft@sanei-buhin.co.jp

資料請求・お問合せ
  • 特殊ねじならねじパートナー

このページの先頭へ戻る